三重県大紀町錦でグレを釣る

三重県大紀町は錦の磯でグレを狙います

7月15日 錦 乗越 半夜

今日も錦へ半夜で。

 

東磯に行こうと思っていたので、乗越に行きたいと船長に伝える。どうも波が高くなってきたようで、蛇島はもちろん、双子、キオイも厳しいらしい。

双子、キオイのお客さんを迎えに行くが、なかなかの波だ。波の高低差で磯際が高い壁のように見えてしまう。

何とかお客さんを乗せて東磯へ。僕は乗越の東に上がった。


f:id:ksdestr0n:20170715222537j:image

 乗越の東 波が高くてフカセはここが一番安全そうだった

 

仕掛けはウキG2全遊動、撒き餌はボイルオキアミオンリーで開始。困るエサ取りがいるような様子ではない。サラシの関係か仕掛けが上ずっているようなので、ノーガンからG2ガンダマに変更。

竿1本半先で、35cmほどのサンノジを2枚立て続けに釣れたため、仕掛けの投入点を変えた。そのあと25cmほどのカワハギが1枚。

サシエが残るようになり、もう少し沖を狙ってみる。それでもサシエは残る。困った。

仕掛けを回収しようとすると、居食いしていたのだろうか、魚がかかっている。


f:id:ksdestr0n:20170715222546j:image

 イサギ32cm

 

初めてのイサギだ。アタリが出たようには思えなかった。ハリもがっつり呑まれている。

 

イサギがきたということは潮がいいのかもと思い、やる気を出すもその後はアタリなし、エサも取られず、イサギ1匹のみで納竿した。

 

今回は総じて波が高く釣りづらかった。目の前一面がサラシで真っ白になることもあり、サラシの下を攻めてみたり、磯際、沖を攻めてみたりしたが、思うような釣果は得られなかった。

どうも他のお客さんもイマイチだったらしい。イサギ1枚だけでもまだましだったかもしれない。

 

磯の選択に非常に悩むが、東磯は夢があると思った。比較的波に強いのに潮通しもよくて、エサ取りも少なめでこの時期は釣りやすい。

 

次は荒れてないといいな。