三重県大紀町錦でグレを釣る

三重県大紀町は錦の磯でグレを狙います

8月11日 錦、黒崎本島 半夜

 台風が去り錦への欲望が高まった。

波が多少あるとのことで蛇島は無理、乗越はすでに上がっている人がいて、船頭さんは「あがれんことはないけど」とのことだった。黒崎を提案され、黒崎に向かう。


f:id:ksdestr0n:20170812125919j:image


f:id:ksdestr0n:20170812125951j:image

黒崎本島 沖向き

 

初めは本島の東側の高場で釣っていたが、だんだんと東風が強くなり、高場だと道糸のコントロールが難しくなったので竿が水面に届く程度まで降りてみた。

全遊動で道糸とハリスの結び目にG2ガンダマ、G2ウキですすめる。グレは手のひらサイズが釣れるがサイズアップせず。

強烈な締め込みがあったが、姿を表したのは40cm超のサンノジ。やりとりは楽しいが見えた瞬間ガッカリ

 

そのあとはアタリが遠のき、当て潮になってきたため、フカセを中断して少し離れた場所でぶっこみ釣りを始めた。フナムシやジンガサなどをエサにしてみるがアタリはなし。そのうちに波が高くなってきた。

 

波は何回かに1回とんでもないのがやってくるもの、おそらくそれだったのだろう。バッカンが波にさわられてしまった。あれ?ピトンに掛けてなかったっけ?と思いながら被害を確認。こんな時に限って離岸流でバッカンはどんどん沖に流れていく。バッカンと撒き餌杓は流されたが、竿やタモは無事のようだ。げんなりしながら、荷物を片付け安全なところに避難。

そのあともぶっこみ釣りを続けるもアタリなく納竿となった。

 

バッカンと撒き餌杓を水葬したうえで釣果はサンノジと木っ端グレのみ。辛い釣行となった。双子では41cmの尾長も釣れていたらしい。ますます辛い(*_*)

 

以下は僕自身の反省のために書いています。

 今回の釣行は反省すべき点があった。一つはバッカンをピトンに掛けていなかったこと。普段はバッカンの取っ手をピトンに掛けているのだが、釣り座を移動したときにかけ忘れたようだ。かけていたらかけていたで、ピトンごと竿もバッカンも全て失ったかもしれないが、やはりバッカンはピトンにかけておくべきだろう。

もう一つは釣り座を離れたこと。水面が穏やかな時はともかく、波があるときは釣り座を離れるのは危険だと思った。今回など、釣り座を設定する時に地面の乾いているところ、つまり波がかぶりにくいところを選んだつもりだったのにやられた。波恐るべし。

 最大の反省点はフカセに集中していないこと。フカセを中断してぶっこみ釣りを始めるというのは良くない気がする。二兎を追う者は一兎をも得ずだ。フカセ釣りを上達させるならフカセ釣りに集中すべきだった。日本海でエサ取りに揉まれてぶっこみ釣りをするようになったが、今回はエサ取りも少なかったし、フカセに一途にならないと釣果も上がらない気がする。これからは錦ではぶっこみ釣りの道具を持ち込まず、本気でフカセ釣りをしよう。

 

辛い釣行ではあったが、気持ちを改めるいい機会になった。サンノジもよく引いたし笑

バッカンと撒き餌杓はまた買わないと。撒き餌杓はそもそも尻手ロープをつける部分が壊れていたので買い替え時期だったが、バッカンは先月買ったばかりだったので、ちょっと悔しい。とはいってもバッカンは1回の釣行費に比べれば安いもの。竿やリール、体が無事でよかったということにしておく。

 

錦は最近半夜で行っているがたまには朝から行ってみようか。

8月5日 兵庫県但馬三尾 鋸の鼻

台風が居座っていて太平洋側は波が高いようだ。だけど磯には行きたい。

ということで日本海側に足をのばすことにする。実は1週間前にも京都府舞鶴田井に釣行したのだが、散々だったこともあり、さらに遠くへ行くことにした。

 

選んだ場所は兵庫県日本海側、但馬三尾。尾長やイサキも出るらしい。

前日に美代志丸さんに電話をかけると「今はグレは一番悪い時期やね」とのお墨付きをいただいたが、行く決意は変わらなかった。

但馬方面は初めてなのでまずはエサの調達場所を探すことから始める。しかし近くに釣具屋が見当たらない。あっても朝7時開店などとのたまっており、とても朝の渡船には間に合わない。探し回った挙句、山奥の朝来にある日下部釣具店というお店が早朝でもやっているとの情報を入手。

この釣具屋さんは金土は24時間営業しているらしい。ボイルオキアミの予約をいれた。

 

京都からはるばる但馬へ。釣り人は僕を含めて4人。

但馬三尾は初めてなので磯は船頭さんにおまかせする。鋸の鼻という場所に1人で上がらせてもらった。

 

f:id:ksdestr0n:20170807101850j:plain

鋸の鼻 沖向き

 

前回舞鶴田井でエサ取りの猛攻にあったことを思い出し、まずは撒き餌をせずに刺し餌だけを入れてみるがアタリはなし。

撒き餌をまいていくと、手のひらサイズのグレやサンバソウが釣れてきた。とともにオセンの大群がやってきた。

 

オセンを処理するために撒き餌でエサ取りを分離しようとしてみる。磯際にオセンをとどめて、沖に仕掛けをいれようとするが、オセンの足がはやい。すぐにエサが取られる。かなり遠投しないとエサ取りをかわせないが、撒き餌の効いている場所まで仕掛けを運んでくるのは難しい。

そうこうしているうちにまわりをオセンに囲まれた。よくみると、左右にも沖にも深い層にも少数のオセンが常に待機していて、どこに仕掛けを入れても無駄なようだ。撒き餌で誘導するようにしてみるが、なかなか難しい。

 

こういうときはアッチコッチ釣法だ。幸い、鋸の鼻は南北に長く、東と西に竿を出せるようになっていて、時々竿を出す場所を交代しながら釣ることにした。仕掛けはできるだけ静かに振り込むようにする。エサ取りの猛攻はある程度かわせたが、やはり手のひらサイズのグレかサンバソウ。サイズはイマイチ。

 

場を休める意味も含めて気分転換にもう1本の竿を取り出す。エサ取りの猛攻にあうことを予想して、今日はちょっと違う釣りをしようともくろんでいた。フナムシやカニをエサにしたぶっこみ釣りだ。石鯛が当たってこないかなというスケベ心も持ち合わせているため太仕掛けで挑む。

釣れたのはアコウ20cmとガシラ数匹。フナムシの捕獲がうまくいかず、カメノテをエサにしてみるが、これは全くアタリなし。フナムシの確保はこれからの課題としよう。

 

さてフカセに戻る。やはりエサ取りが元気一杯なようで、場を休めたぐらいでは静かにしてくれないらしい。エサ取りが広範囲に待機していて、撒き餌で誘導するぐらいでは話にならない。遠投するしかない。

納竿間際に上がってきたのは40cmのチヌ。

f:id:ksdestr0n:20170807101633j:image

とても撒き餌が効いている場所ではなかったため、刺し餌さえ残っていれば釣れることもあると認識した。

 

納竿し帰宅した。


f:id:ksdestr0n:20170807101648j:image船上から撮影した三尾の磯 急斜面や壁になっているところが多く、水深は深そう

 

磯から帰る途中、船頭さんが気を利かせてくれて下荒洞門をくぐらせてもらった。船頭さんの運転技術に感服しつつ、感謝の念を述べた。ここの船頭さんはめちゃくちゃ良い人でした。

 

先週、今週と日本海側に釣行してみて、エサ取りに苦戦し続けた。でもエサ取りを処理する練習にはなったと思う。

 

次は錦に行きたいなぁ

7月15日 錦 乗越 半夜

今日も錦へ半夜で。

 

東磯に行こうと思っていたので、乗越に行きたいと船長に伝える。どうも波が高くなってきたようで、蛇島はもちろん、双子、キオイも厳しいらしい。

双子、キオイのお客さんを迎えに行くが、なかなかの波だ。波の高低差で磯際が高い壁のように見えてしまう。

何とかお客さんを乗せて東磯へ。僕は乗越の東に上がった。


f:id:ksdestr0n:20170715222537j:image

 乗越の東 波が高くてフカセはここが一番安全そうだった

 

仕掛けはウキG2全遊動、撒き餌はボイルオキアミオンリーで開始。困るエサ取りがいるような様子ではない。サラシの関係か仕掛けが上ずっているようなので、ノーガンからG2ガンダマに変更。

竿1本半先で、35cmほどのサンノジを2枚立て続けに釣れたため、仕掛けの投入点を変えた。そのあと25cmほどのカワハギが1枚。

サシエが残るようになり、もう少し沖を狙ってみる。それでもサシエは残る。困った。

仕掛けを回収しようとすると、居食いしていたのだろうか、魚がかかっている。


f:id:ksdestr0n:20170715222546j:image

 イサギ32cm

 

初めてのイサギだ。アタリが出たようには思えなかった。ハリもがっつり呑まれている。

 

イサギがきたということは潮がいいのかもと思い、やる気を出すもその後はアタリなし、エサも取られず、イサギ1匹のみで納竿した。

 

今回は総じて波が高く釣りづらかった。目の前一面がサラシで真っ白になることもあり、サラシの下を攻めてみたり、磯際、沖を攻めてみたりしたが、思うような釣果は得られなかった。

どうも他のお客さんもイマイチだったらしい。イサギ1枚だけでもまだましだったかもしれない。

 

磯の選択に非常に悩むが、東磯は夢があると思った。比較的波に強いのに潮通しもよくて、エサ取りも少なめでこの時期は釣りやすい。

 

次は荒れてないといいな。

7月8日 錦 蛇島 半夜

今回も錦へ。体力も考え半夜で。

 

今日はお客さんが少ないようで、午後は通しの人が1人と僕で合計2人だけのようだ。米のまわりなので、米の前の島へ行く予定とする。

通しの人を米島のハナレまで見に行くと、エサ取りだらけで磯変わりさせてほしいとのこと。アジだらけらしい。むむむ

前の島を予定していたが、エサ取りが厳しそうだし、通しの人とも相談して二人で蛇島に上がることになった。

 
f:id:ksdestr0n:20170711134613j:image

 帰り際満潮に近い蛇島

 

蛇島に上がるのは初めて。磯に上がったときにはちょうど大潮の干潮の頃だったので問題なかったが、満潮になると写真のよう。ともに上がった常連さんは足元を洗われながら釣りをしていた。

 

初めての磯なので常連さんにポイントを尋ねる。蛇島の西側をみると、沖から地方に向かう比較的速い潮が流れていて、イサギやマダイが当たってくることもあるとのことなので、西向きではじめてみる。ウキG2、ノーガン、全遊動で開始するが、かなり潮が速い。ガン玉G6を追加してみるが、それでも仕掛けが上ずっているようだ。さらにガン玉を追加すると少し仕掛けが馴染む。コッパグレは釣れるが、あまり芳しくない。というか潮が速すぎて仕掛けの操作が難しい。

 

釣座を移動して蛇島中央やや西で沖向きに構えることにする。ボイルオキアミオンリーでやっていると、エサ取りは集まってくるが、ボイルはあまり食えないのか撒き餌も刺し餌も大体残ってくれているようだ。

一応エサ取りの分離を狙って、磯際:沖に7:3ぐらいで撒き餌をしてみるが、沖ではあまり生命反応がない。なら磯際を狙ってみようと、仕掛けを着水させる時に浮きを磯際に、刺し餌を沖に置くような形で仕掛けをいれ、エサ取りをよけながら磯際に刺し餌をなじませるようにしてみる。全遊動ではあるが、潮受けゴムから針まで3ヒロとっているので、着水の時点で5mほど離れた場所に刺し餌を置けることになる。磯際の表層にエサ取りをひきつけておけば、磯際の深層に刺し餌を放り込めるのではないかとの算段だ。

何投かしていると潮受けゴムが加速。上がってきたのは30cm超のカワハギ。磯際でやりとりに苦戦してしまった。

しばらくすると、またアタリ。合わせるとかなりの重みでドラグが鳴る。糸を出すまいとスプールを指で止めて耐える。あまりの引きの強さに尻もちをつくような格好で耐えるが、竿先が跳ね上がり針ハズレ。

その後も大物がかかるが3号ハリスが飛ばされた。悔しい。

 

 

結局釣れたのはカワハギと30cmほどのグレ。バラシてしまったのはかなり悔しい。しかし、反省点がよくわからない。磯際ではなく沖で掛ければ、道糸の粘り強さも活かせるし、磯際への突っ込みも減らせると思うが、今回は沖ではなかなか当たってこなかった。しかも、少し沖に仕掛けを置くと、サラシの払い出しでウキがどんどん沖に流れてしまってうまくいかなかったので、際から竿1本ぐらいので細かくラインメンディングするのが最善と判断した。今考えると、払い出しへの対策としてウキを沈ませるというのは一つの案だったかもしれない。

 

帰り際に常連さんと情報交換する。「全然や」との返答。常連さんは大物に根に突っ込まれ、糸を出すまいとしていると竿先を根にぶつけて竿を折ってしまったらしい。蛇島恐るべし。蛇島は潮がよければ尾長、マダイ、イサキも当たってくるとのこと。僕のバラシは尾長だったのだろうか。

常連さんによると蛇島は他の磯に比べてエサ取りが少ないとのこと。水神も米島もエサ取りだらけとのことだったので、今日の蛇島の選択はよかったと思う。夏磯にはちょうどいいかもしれない。ただし、荒れている日は上がれなさそうだ。

 

どの磯に上がるかは非常に悩む。一応、今は半夜で尾長やイサキの回遊を狙っているのでついつい沖磯を選択しそうになるが、沖磯にいくとアジ、サバなどエサ取りに悩まされる。そう考えると東磯で潮当たりのいい磯に上がる方がいいのかもしれない。次は7月15日(土)に行こうと思っているが、木生、双子の磯割りなので、乗越、蛇島あたりがちょうどよさそう。

蛇島リベンジしたい。

7月1日 錦、米島の裏 半夜

7月1日錦に行ってきました。

半夜を経験したかったので初めての半夜釣りにしてみました。

 

京都7時半出発で大内山ICに9時半頃着。岡本旅館に11時までに来てくれとのことだったので余裕のある旅路だった。

今日の島割りは高ノ島のまわり。この島割りはなぜか今まであたることがなく、今回が初めてだった。なのでどこに上がればいいのかよくわからない。しかもなかなかの波だ。船上でタマがヒュンヒュンしている。

僕以外の3人は黒崎に上がった。船頭さんにどこに上がればいいか尋ねてみると、米の裏を提案され、米の裏に上がる方針に。しかし実際に見に行ってみると米の裏にはすでに他の渡船屋が上げていた。今日は米のまわりではないので仕方ない。

「米の裏はもう乗っとるわ」

「わかりました。高ノ島は危ないですか」

「う~ん、じゃ高ノ島乗るか~?」

というわけで高ノ島の東へ。一旦上がってから船頭に声をかけられる。

「米の裏今空いたよ!米の裏いくか?」

船頭さんに提案されたら行く以外の選択肢はない。もう一度船に戻って米の裏へ向かった。


f:id:ksdestr0n:20170701220616j:image

米の裏 高ノ島を望む 

 

米の裏はこのような感じで他の磯とは違って護岸になっている。足場が安定していてしかも高さがあるので安心。安定した釣座は釣りに集中できる。

米の裏は前にも一度来たことがある。その時は45cmのグレ(これまでの最長記録)を上げたので印象に残っている。

 

今日は全遊動で通したい気分だったので、はじめから全遊動で開始。G2のウキに潮受けゴムだけつけてノーガンで始めてみる。

オキアミを撒くとキンギョがわらわら寄ってくる。以前米島に上がったときにはキンギョの対処がわからず困り果てたが今回は違うぞ、と意気込みエサ取りの分離をしてみる。追い風なのでボイルオキアミオンリーでもある程度分離できそうだ。

 

ウキが消しこみ、合わせるとかなりの重み。強めに締めておいたドラグが鳴る。これはデカそうと思い心高まる。何度か突っ込まれるがなんとか浮かせられた。魚影を見てがっかり。


f:id:ksdestr0n:20170701220639j:image

 やあサンちゃん。玉枠が45cmなので45cm近くある。君はお呼びでなかったよ。

でも良い引きで楽しかった。

第一精工のカーボン玉枠の使用感はとくに違和感はなかった。

 

そのあとは、20cmほどのサンバソウが1枚、コッパグレ多数といった感じ。本命はダメだった。

後半はひたすらエサをとられ続けた。糸ふけにも変化が出ないので仕掛けが馴染む前にエサを取られているのだろうか。エサ取りの分離を考えると、ボイルオンリーでは撒き餌がばらけてしまうのでグレパワーボイル遠投を混ぜてまとまりをよくしてみる。しかしいくらエサ取りを分離しようとしてもやはりエサをとられる。修行不足か...

ただ困ったときの配合エサを用意しておくのは重要だと思った。

 

 

今日は他の磯もコッパグレが湧いて調子が悪かったらしい。サンノジの引きを楽しめただけでもよしとしよう。次もがんばろう。

玉枠 新調

2~3年ほど使っていた磯玉の枠が変形してきたので新調してみた。これまで使っていたのは安物のステンレス(たぶん)玉枠。まわりの磯釣り師に叱られそうなぐらいの安物(笑)

ちゃんと魚はとりこめるが、さすがに変形してきたので玉枠だけでも新調してみる。フィッシングトライで物色しているとカーボンの玉枠を見つけた。ダイワの速攻ステンも視野には入れていたが、最終的に第一精工のカーボン玉枠カプラー付を購入した。

この玉枠の売りはカプラー付でワンタッチで玉の柄に装着できるということらしい。普通装着する時には玉の柄をクルクル回すことになるがそれが必要ない。正直僕はこの機能を必要としていないが、カーボン製というのが気になった。あと値段。速攻ステンの半額以下だった。

 

値段には理由がある。たぶん速攻ステンよりは耐久性とか使い勝手が悪いのだろうとは想像している。でもカーボン玉枠は珍しいし使ってみないとわからない。何より僕はカーボンが好きだ。実際に使ってみて判断しよう。使用感は次回釣行時に。

6月17日 錦、水神本島

6月17日は錦へ行ってきました。いつもの岡本旅館さんにお世話になった。

早朝集まったのは12人。

今日は米島のまわり。波が高くなければ米島の沖向きに行きたいなと思っていたが、米島に行きたいと予約していた3人組が米島本島へ、4人が前の島、2人が米島ハナレに上がり、人がいっぱいだったので東磯へ。

米島のまわりで東磯に行くのは初めてだったので同乗する方々に聞きながら、常連さん1人とともに水神本島へ上がることにした。

ポイントも把握していないので常連さんにあれやこれや教えてもらった。感謝の念を述べて僕は水神本島の中央沖向きのワンド近くに釣り座を設定。常連さんは西の沖向きで釣る様子。

 

始めはボイルオキアミオンリーで撒き餌を開始、パラパラまいていくと潮はほとんど動いていない様子。そして撒いているうちに魚影は見えないものの表面がざわつく。エサ取りだろう。

竿1本沖、0号ウキ固定3ヒロ完全フカセから初めてみる。

ウキが消し込むが上がってくるのはサバ子。そのあともサバ子がひたすら続く。

これはまずいと思い、ポイントを左右に振ったり、沖に振ったりしてみるもののサバ子ばかり。大きめのフグまで釣れてくる。いよいよまずい。。。

思い切ってウキ1.5号に重めの仕掛けでサバの層を切り抜ける方針にしてみる。だがこれもダメ。どこにいってもサバ、サバ、サバ。スルスルで底付近を狙おうとするもやはりサバ

ポイントを替えないとダメだと思い釣座を東に移動してみる。手のひらサイズのグレが1枚だけ釣れた。だが、そのあとはまたサバサバサバ。つらい

 

場を休めようとパンをむしゃむしゃしながら、一緒に水神本島に上がった常連さんの様子を見る。

「どうですか」

「あかん。全然。サバ子がいなくなったと思ったら次はベラや。」

「厳しいですね」

 

常連さんのサバ子がいなくなったとの言葉を信じ、ワンド近くの元の釣座に戻ってみる。潮は少し動いている。期待を膨らませ竿2本沖をBウキ3.5ヒロガン玉G6を3段打ちで挑む。遠投するためボイルオンリーではなく、グレパワーボイル遠投を混ぜてみた。

手のひらサイズのグレ1枚、そのあとはちょくちょくサバ。サシエはとられるのでエサ取りが暗躍しているのだろう。

 

納竿まであと1時間。半ば諦めモードになりながら、ハエ根の際を攻めてみる。撒き餌を撒くとオセンと思われる小魚が群れる。

潮は左から右に動いているようなので、右に仕掛けを入れてスルスルで仕掛けをある程度沈めてから手前に引き戻す。ウキが沈んだのですかさず合わせるが、素バリをひく。

次はハリを呑ませるぐらいの気持ちで、ウキが沈んでも我慢してみる。スッとは沈まず、比較的ゆっくりと沈んでいき浮いてこなくなった。合わせると竿に重みが乗る。根掛かりかとも思ったが、泳いでいるようだ。

ハエ根の際なのですばやく浮かせることを意識。32cmのグレが上がってきた。満足のサイズとはいえないが、磯際でハラハラしながらグレのツッコミに耐えるのはなかなか楽しかった。

その後、35cmほどのアイゴを追加して納竿。11時35分頃お迎えがきて、一緒に本島に上がっていた常連さんは通しとのことで水神3番に磯変わり。情報を教えてもらったお返しの気持ちも込めて常連さんの荷物を受け渡し、仕事を終えた気分になった。

 

他の釣り場はというと、米の前の島は4人で上がってイサギ1枚だけ、ハナレは40cm台のグレが2枚上がっていた。

結局32cmのグレが1枚だけだったが、楽しかった。前回釣行時に同じ磯に上がったお兄さんの「釣れなくたって、磯に上がって潮風を感じるだけで十分だと思ってますよ」の言葉を思い出して、釣果は十分ではなくても落ち込まないことにしよう。

 

今回の反省点は、磯際にチャレンジするタイミングが遅かったことだろうか。前回エサ取りに苦しめられて、エサ取りを磯際に、本命を沖に分離するというイメージが強すぎて初めから沖ばかり狙っていた。磯際は良いポイントのはずだし、はじめ磯際を攻めて、エサ取りでどうしようもない時には沖に出てみるという方針がいいのかもしれない。

今回も表層にエサ取りはいたが、仕掛けがなじむ前にかすめ取られるといったふうではなかった。オキアミの匂いがグレのタナに届いていると信じるのもありかもしれない。

 

今回初めてシーガーリアルFXをハリスに使ってみた。謳い文句どおり、かなりしなやかな印象。製品には記載がないが、3号で結節強度4.35kgとまずまず。しなやかだと耐摩耗性が心配になるかとも思っているが、今回の釣行ではハリス切れはなし。参考にならないかもしれないが、32cmのグレはしっかりハリを呑まれていたが、多少傷がついた程度だった。しなやかだと仕掛けの馴染みがよさそうだし、結節強度も確保できそうなのでしばらく使ってみよう。