三重県大紀町錦の磯釣り

三重県大紀町錦の磯でグレ、石鯛を狙います

9月22日 錦 大石

錦へ。

双子や乗越に行けないかと思って渡船に乗ると、波が結構あるようだ。常連さんと二人で双子にあがるかと言われたが、取り合いになるのと、波が高くて磯に飛び移るのが怖くなったので常連さん一人に譲り、僕は大石にあがることにした。

 

f:id:ksdestr0n:20180924002838j:plain

錦 大石 沖向き

 

ポイントを船頭に尋ねると沖に見えるシモリの手前に投げてくれとのこと。やや右寄りのほうがいいかもとのことだった。

写真に見えるシモリの手前に投げる。今回底取りはしなかったのだが、あとから考えると底取りすべきだったと思った。

エサはヤドカリ。エサ取りはまずまずいる。ヤドカリ本体と爪を針につけて仕掛けをおいてくる。エサ取りのアタリがちょくちょくあるが、爪はしっかり残ってくるし、場合によっては本体の中身だけ吸われて殻だけ残ってくる。

状況を変えようとバフンウニを取り出す。左側の竿から28mのポイントでエサ取りとは違うようなアタリがあった。穂先は沈んだまま戻ってこない。少し待ってみたが変化なし、回収してみるとバフンウニの硬い殻が少し割られていた。ただのエサ取りだったのだろうか。同じポイントに投げてみるがアタリは続かず。

 

途中、シモリの正面から投げられるように、右側の釣り場に移動してみたが、波をかなりかぶってしまうため、写真の位置に戻った。

 

その後もアタリはなし。エサ取りばかり。ヤドカリの本体は取られるが、爪にはなんのアタリもない。

エサ取りに辟易して本体を針金でぐるぐる巻きにして投げ込んでみる。エサ持ちがよくなり、穂先がグンと沈んでくれるようにはなったが、本体の中身だけ吸われてかえってくる。

 

今回もボウズのまま納竿。

やはり底取りをすべきだったと思う。思い返しても底のイメージがはっきりしない。地形をみると、シモリとの間のどこかに溝があるはずで、その前後にカケアガリがあるはず。その溝かカケアガリを攻める方がよかった。初めての磯では焦らずに底取りをするようにしよう。

9月16日 串本須江 湾内磯

今回は師匠と二人で串本須江へ。半夜で行くことになった。

太平洋に台風があり、波が高い。串本までの道中でもかなり波がある。

 

師匠と二人だけを乗せて須江港を出た渡船は通夜島との水道を越えて湾内磯へ。名前はわからない。

上がってまず目についたのは磯の上に横たわるウツボ。磯の上には放置しないでいただきたい。

 

底取りをすると24mから20mほどまでカケアガリになっているよう。そのカケアガリを中心に釣ることにする。

まともなアタリはない。アタリもないままエサのガンガゼがとられている。石鯛を寄せようと思って、潮上に撒き餌もまいてみるが時間だけが過ぎていく。

 

22mにおいていたガンガゼにアタリがあり、竿が舞い込む。一度穂先が戻ったがもう一度海中に突き刺さるように穂先が動いた。

初めての舞い込みだ。アワセのタイミングを師匠に聞きながら合わせた。竿に重みは乗ったが、引きは強くない。重さはある。

初めての舞い込みに心臓をバクバクさせながら寄せてくると途中で重みが消えた。針ハズレだ。針にはウニの芯が少し残っている。アワセのタイミングがまだ早かったのだろうか。それともアワセが弱かったのだろうか。ただ、引きが弱かったので石鯛ではなくイラじゃないだろうかと師匠が言う。

 

同じポイントで釣りを続けてみるがアタリは途絶え、日没を迎えた。

今回は半夜で釣るということもあり、なんちゃってクエ釣りもすることにした。エサはメジカとムロアジ。もちろんクエ用のピトンもないし、竿も石鯛竿のまま。ハリスだけは36番7本撚り、針は30号のクエ針に変更してみた。

日没の前から撒き餌をしておく。

アタリはちょくちょくあるが、おそらくエサ取りだろう。ウツボが針がかりするわけでもなく、特に何も異状ないまま納竿を迎えた。

9月2日 但馬三尾 黒島 石鯛釣り

太平洋上に台風があり、紀東は船が出せないよう。

それでも仕事の関係で釣行できる日は限られている。日本海に行くしかない。

 

但馬三尾のみよし丸さんに電話を入れると磯に行けるとのこと。バフンウニも用意してくれるようで、60個注文した。それに加えて予備兼撒き餌として冷凍バフンウニ30個も持参した。

みよし丸さんのバフンウニは1個40円ぐらいのようだ。

 

磯についてみると車だらけ。2番船まで出るとのこと。どうも青物やアオリイカの調子がよいらしい。

 

渡った磯は港からすぐ近くの黒島。

但馬三尾 黒島

但馬三尾 黒島

 

船頭からは、できるだけ沖側で竿を出すようにとのこと。

竿は2本出し。底取りしてみると磯際を含めて着水点から10m前後水深がありまずまず深いようだ。19~16mあたりはカケアガリとなっているよう。あとでわかったのだが、16mで頂点になって、そこから手前は3mほど落ち込むようになっていて、溝のような形になっているらしい。さらに手前は際がえぐれているのかカベになっているのかわからないが、竿下はストンとオモリが落ちていく。

 

バフンウニは3個掛けとして、エサがずれないようにストッパーを使った。ストッパーは瀬ズレ仕掛けに用いているクッションゴムを小さく切って爪楊枝をさす形にしてみた。取り外しもまずまず簡便で使い勝手がよい。

バフンウニの上の2個は殻を割っておいた。

 

はじめは18m前後のカケアガリを狙うことにしたが、全く生命反応がない。ごくまれにエサ取りのアタリがあるが、ほとんどはエサがそのまま残ってくる。

ちょっと遠くに投げてみても結果は同じ。全く生命反応がない。ヤドカリを持ってくればよかったのだろうか。

 

しばらくして竿下に溝が走っていることに気づいた。16mから手前に引いてくると一気に19mまでオモリが落ちていく。ここを狙うべきなのではないかと思い、溝を中心に狙う。15mほどでちょっとしたアタリが続いたが、本命ではなさそうだ。しかし、他の場所が渋いこともあり、この溝がポイントなのだろうと考える。

 

バフンウニの殻を大胆に割ってみたり、撒き餌をしてみたり、エサを底に這わせてみたりと工夫してみるが、厳しい。生命反応がなさすぎる。

アタリのないまま納竿となってしまった。

 

あまりエサが入っておらず、石鯛が寄っていなかったのだろうか、潮が悪かったのだろうか。たしかに潮はほとんど動いていなかった。

はやく錦に行きたい。

8月4日 錦 源太郎 石鯛釣り

久々に錦へ。

磯割りは高ノ島源太郎で石鯛釣りにもよさそう。錦では石鯛釣り初挑戦である。

 

今回のエサは足元用にウニ15個と遠投用にヤドカリ10匹を用意した。大内山のエサ市場で購入したが、ヤドカリは1匹290円也。もう少しやすければなぁ。

 

源太郎に初めて上がった。

f:id:ksdestr0n:20180811230708j:plain

錦 源太郎

 

まずはウニで足元を狙ってみる。27m前後でエサ取りのアタリがあるが、本命らしいアタリはなし。

右側の先端からヤドカリで遠投もしてみる。48mあたりにカケアガリがあるようで、そこにエサを止めて待つ。一度本命らしいアタリがあったが、喰い込まず。エサはすぐになくなってしまう。

ヤドカリのツメをつけてみると、今度はエサがとられない。

本命のアタリがあっただけましだろうかと思いながら納竿となった。

 

f:id:ksdestr0n:20180811234446j:plain

錦 源太郎

左右に投げてみると、48mのカケアガリの右には浅くなっているところがあるらしい。水深5mほどか。あとで気づいたのだが、潮が左から右に流れているときにはその浅くなっている部分の周囲を狙ってみたらよかったと反省した。

 

あと反省点としてはヤドカリに餌巻き糸を使ってみてもいいかもしれないと思った。どうしてもエサ取りにすぐにやられてしまうし、かといってツメでは見向きもされない。次は餌巻き糸を持参してみよう。

7月28日 但馬三尾 立島 石鯛釣り

台風のせいで太平洋側は波が高い。

しかし仕事の関係でこの日はどうしても磯に行きたかったので、日本海側を選択した。

 

以前行ったことのある但馬三尾に行くことにする。

電話してみると、マキエのウニあげるよと言われた。マキエはしたことがないが、船頭さんに従ってマキエをもらうことにした。

 

港についてみると石鯛釣りをするのは僕一人のよう。立島に渡してもらう。

船頭にポイントを聞くと、真正面で20mぐらいらしい。エサは冷凍のヤドカリを使用した。

 

エサ取りが多いようですぐにエサがなくなる。本命らしいアタリはない。ツメをつけてみたりと工夫してみるが、本命のアタリはなし。

もう一本の遠投用の竿を取り出して底とりをしてみるが、30mよりも向こう側はカケアガリなど変化が少なく、足元のほうがよさそうだ。

そうこうしているうちに波が高くなり、足場が洗われるようになってきた。リールも波がかぶっている。

 

真正面は危ないなと思っていたところ、船頭が見回りにきて磯替わりを提案してくれたので従うことにした。

 

磯の名前はわからない。こちらも真正面で足元でいいらしい。

一度だけ竿が舞い込みそうになったが、戻ってしまった。それ以外は本命らしいアタリはなし。エサ取りが多くて難しい。

 

船頭と話していると、この時期はバフンウニがいいらしい。しかし、バフンウニを扱っているエサ屋があるのだろうか?少なくとも京都から但馬に向かう道中にはない。

エサは船頭が用意できるときもあるらしい。次にいくときはバフンウニを用意したほうがよさそうだ。

7月15日 阿曽浦、志戸本島 石鯛釣り

師匠とともに阿曽浦に石鯛釣りに行くことに。

エサはヤドカリを持っていくつもりだったが、師匠はこの時期はウニの方がいいんじゃないかとの意見だったので、ウニを持っていくことにした。

ただ、玉城IC周囲には石鯛のエサの扱いがない。結局大内山ICのエサ市場で購入することになった。

 

上がった磯は志戸本島。

f:id:ksdestr0n:20180811230720j:plain

阿曽浦 志戸本島

船頭さんにポイントを聞くと、遠投してシモリ周囲を狙うか、もしくはすぐ足元を狙うとのこと。100m以上遠投する人もいるよとのことだったが、ウニでは難しい。足元を狙うことにした。

 

潮は右から左に向けてかなりの速さで流れている。仕掛けが落ち着かない。

ウニは殻も割られず残ってくる。エサ取りすら当たってこない。

師匠にもアタリはなく、西のハナレに乗った人もアタリはないようだ。

 

足元はダメなのだろうかと思って、冷凍のヤドカリを取り出し遠投してみるが、潮が速すぎてやはりダメ。60mぐらいのところにシモリが見えていて、その潮上にエサをおいてこようとするが難しい。

 

中潮が反対向きに流れ出したが、これも速い。終始アタリがないまま納竿となってしまった。

 

志戸本島は右に湾があり、潮が下げてくるときは右から左に流れ、その潮がよいようだ。この日は大潮で、潮の流れが速く太刀打ちできなかったが、志戸本島では潮の干満差が少ないときのほうがいいのかもしれない。

6月23日 阿曽浦、大島 石鯛釣り

石鯛釣りにはまっていく。石鯛釣りに行きたい。

休みの予定は直前までわからなかったりするので冷凍のヤドカリを入手した。

 

しかし、この日はどうも波が高いらしい。いつもの岡本旅館さんに電話してみると波が高くて出れそうにないとのこと。

ダメ元で阿曽浦のにしうら渡船さんに電話をかけてみると出船するらしい。初めての磯ではあるが、阿曽浦に行くことにした。

 

どの磯に上がるかは船長におまかせする。地方よりの大島という磯に上がった。

f:id:ksdestr0n:20180708221506j:plain

船長が詳しくポイントを教えてくれる。僕が初めてということもあり気を利かせてくれたのか、僕が仕掛けを作っているときにも携帯に電話をくれて、「そっちの方向はハエ根があって取り込めないからこっちの方向でやるといいよ」と教えてくれた。

 

瀬ズレワイヤーあり パッスル仕掛け

オモリ30号

ワイヤーハリス 針15号

ポイントはカベ方向に30mとのこと。竿を出してみるとすぐにエサ取りのアタリがある。仕掛けを回収しようとするとすぐに根掛かり。一投ごとに根掛かりして、捨てオモリだけではなく、ハリスも失ってしまう。これはなかなか大変だ。

あとから反省したのだが、このとき捨て糸の長さ<ハリスの長さとしてしまっていた。捨て糸の長さをもっと長くしておくとよかったのだと思う。

 

本命らしいアタリはない。根掛かりばかり。

根掛かりに辟易して、ポイントを替えてみる。南東方向に40mほどにシモリがあり、その周りを攻める。エサ取りのアタリはある。根掛かりは先程よりはましのようだ。

 

キャスティングを重ねていると、着水時点で50mほど投げられるようになってきた。着底すると60mほどになる。バックラッシュもそれほどひどいものは起こさなくなっている。

本命のアタリはないのだが、やはり楽しい。キャスティングも楽しいし、海底の地形を把握するのも楽しい。エサ取りだとしてもアタリをみるのは楽しい。

釣果はなくそのまま納竿となった。

 

キャスティングは少し上達したと思う。ただ、海中のなかで仕掛けがどういうふうに位置しているのかがよくわからない。

そこで家のなかで仕掛けを作って、道糸をはってみた。捨て糸が斜めになって、ハリスは垂直に落ちるような形になる。エサはベタ底にする方法もあるが、底を切ったほうがいい気がする。となると、捨て糸はハリスよりも随分長くしないと上手くいかなさそうだ。

 

今回6時~13時の釣りでヤドカリ20匹を使用した。ネットの情報を見るとエサ取りが多い時期にはたくさんエサを持っていったほうがよいと書かれているが、船長さんはエサ取りが多いときはあまり打ち返さないほうがいいと言っていた。人によってはエサ取りが一番多い時期でもヤドカリ20匹で半日釣る人もいるとのこと。

どちらが正しいのかはわからないが、ヤドカリ20匹で半日勝負するというやり方も間違っていないということだ。僕はグレ釣りのときから、撒き餌をバンバンまくよりも、少なめにまいてお腹を空かせて釣ることを意識している。しばらくはヤドカリ20匹で半日釣るようにしてみたい。

 

船長さんには他にもいろいろと教えていただいたが、やはり石鯛釣りはポイントを探すことが大事だと思った。

となるとやはりホームグラウンドで釣るのが一番だと思う。次は錦でチャレンジしたい。