三重県大紀町錦でグレを釣る

三重県大紀町は錦の磯でグレを狙います

9月10日 錦、高の島西

前日に引き続き錦。

ともに宿泊した常連さんと一緒に高の島の西に上がることになった。


f:id:ksdestr0n:20170912114731j:image
沖には左から順に米、双子、木生が並ぶ


f:id:ksdestr0n:20170912114726j:image
西を見ると根がきつい

f:id:ksdestr0n:20170912114721j:image

ワンドになっているところは比較的浅いようだ

 

普段は全遊動の仕掛けばかり使っているが、前日常連さんに色々教わったこともあって、気分新たに固定式完全フカセから開始してみる。

コッパグレはぽつぽつ釣れてくる。潮は西向きに流れていて結構速い。ひとつ東側に上がったカゴ釣り師のウキが目の前を通り過ぎていく。

 

足元から攻めてだんだん沖にしていくが、流れが速くなかなか難しい。ウキを3Bにして重ための仕掛けでやってみるも反応はなし。

磯際に戻ってやってみるが、今度は根掛かり頻発。西向きの流れにのって根に吸い込まれてしまう。

辛抱してやっていると30cmほどのグレがかかったが、水面に姿を見せてから再度突っ込まれ針ハズレ。悔しい。

 

常連さんも今日は潮が難しいと言っていた。といいつつもちゃっかり25cmほどではあるがグレをキープしている。「気合です」との一言。

 

今回の反省点はガン玉使いだろうか。潮が速いのならハリスに段打ちすることを試してみてもよかった気がする。以前はハリスにG6の3段打ちをよくやっていたが、最近は打つにしてもハリスの真ん中に打つだけでになっていた。もっと色々ためそう。

 

久々の1泊2日の釣行で楽しかった。釣果は芳しくなくても夏~秋は経験を積むことを大事にしたい。

9月9日 錦、米 前の島

 9月9日錦へ。

いつもの岡本さんに電話したら9月9日、10日と土日ともに休みらしい。

そこで、かねてよりボイルオンリー釣法が盛んとうわさの眞精さんに初めて行ってみることにした。

 

駐車場からすでに猫がたくさんいる。癒やしだ。

今日は常連さんと二人だけらしい。ミーティングののち米の前の島に上がらせてもらうことになった。


f:id:ksdestr0n:20170912112018j:image

 前の島

 


f:id:ksdestr0n:20170912112028j:image

前の島沖向き 2つの出っ張りのところは根がある

 

常連さんに教えてもらったポイントを狙ってみると、コッパグレがちょくちょく釣れる。そのうちにエサ取りが増えてきて処理が厄介になってきた。

深いところにも広範囲にエサ取りがいるようで撒き餌で分離しようとしてもうまくいかない。何のエサ取りかわからないが、常連さんはタカベじゃないかと言っていた。

 

少しポイントをずらして狙ってみる。根の際に放り込んでいると、半ヒロか1ヒロぐらいの浅いところでウキが消しこんだ。

 上がってきたのはイスズミ。

 


f:id:ksdestr0n:20170912112058j:image

 イスズミ 40cm弱

 

なかなかいい引きだったが、姿をみるとがっかりした。

 

その後も根の際を集中的に狙っていると、またも強烈な引き。しかし磯際に突っ込まれて針ハズレ。

今度は竿先を海面に向けて道糸を張り気味で流しているとアタリがきた。アワセたがアワセた時には竿がすでにのされていてそのままハリス切れ。

結局釣れたのはイスズミとコッパグレばかりだった。

 

2回のバラシはともに強烈に引いたので悔しかった。たぶんアワセた時点で竿がのされているような状況に持ち込むべきではなかったのだろう。道糸を張り気味にするのはいいが、海面に漂わせる道糸はある程度の長さを確保したほうがよいのではないかと思った。そうすれば竿の弾力を活かす角度に持ち込めるはず。

 

本当は1日だけ釣りをして帰るつもりだったのだが、常連さんにも誘われ急遽1泊することに。常連さんに色々と教えてもらう機会は貴重なのでとてもうれしい。

明日もがんばろうと思いながら眠りについた。

8月26日 錦、木生の西

8月26日は錦へ。

沖磯に行きたいと思い木生の西へ上がった。

 

 

f:id:ksdestr0n:20170828152056j:image

木生の西 西の先端をのぞむ

 

はじめはこの写真をとった立ち位置のあたりに釣り座を構えた。

磯際には根があって、磯際から竿1本程度のところを狙っていくと、コッパグレは釣れてくる。少し沖を狙うと小さいイズスミやイサギが釣れてきた。イサギは30cm程度まででそこまで大きくはない。強めの締め込みがやってきたが、上がってきたのは40cmのアイゴ。

満潮に近づくにつれ徐々に波に足元を洗われるようになってきたため、西の先端に釣り座を移動することに。西の先端は足場の高いところがあり、波はほとんどかぶらずに釣りを続けることができた。

ただ、釣果は芳しくはない。グレは大きくても25cm程度、イサギはちょくちょくくるが、やはり小さい。

 

今回は前回の反省を活かし納竿までフカセに集中。釣果は満足とはいえないが、反省を活かすことがたぶん大事だと思う。グレのシーズン本番に向けて練習していく。

磯靴ソール交換、次の釣行は2人かも

磯靴が最近滑りやすくなっている気がしていた。見るとスパイクはすり減っているし、フェルトも随分薄くなっている。

僕の磯靴はダイワのベリピタロックシステムなので替えのソールを購入した。

 

しかし、磯靴のサイズを忘れてしまった。普段履く靴よりも窮屈であったが、セール品で謎に安かったため釣られて購入したのは覚えているが、サイズがはっきりしていない。そしてサイズの表記はかすれて読めなくなっている。

サイズ違うかもと思いつつ、Mサイズを購入した。不安ではあったがサイズは合致していた。どうも、磯靴のサイズは25.5cmか25.0cmらしい。次のときにはこの記事を見て思い出せばよい。

 

ソールの交換には、磯靴本体に付属している工具が推奨されているが、当然のように紛失しているので汎用のペンチで代用してみた。交換自体は上手く行ったはず。次回の釣行で確認しよう。

磯釣りに安全意識は不可欠だ。例え釣れなかったとしても必ず安全に帰宅する。これだけは続けていきたい。

 

話は変わるが、次の釣行は錦へ2人で行くかもしれない。普段は一人で行っており、寂しさを感じていたところ、とあるメンバー募集サイトでメンバー募集をかけたら同行していただける御仁が現れた。嬉しい。

夜勤の関係で朝から半日しかいけないのは悔やまれるが、次もがんばろう。

8月11日 錦、黒崎本島 半夜

 台風が去り錦への欲望が高まった。

波が多少あるとのことで蛇島は無理、乗越はすでに上がっている人がいて、船頭さんは「あがれんことはないけど」とのことだった。黒崎を提案され、黒崎に向かう。


f:id:ksdestr0n:20170812125919j:image


f:id:ksdestr0n:20170812125951j:image

黒崎本島 沖向き

 

初めは本島の東側の高場で釣っていたが、だんだんと東風が強くなり、高場だと道糸のコントロールが難しくなったので竿が水面に届く程度まで降りてみた。

全遊動で道糸とハリスの結び目にG2ガンダマ、G2ウキですすめる。グレは手のひらサイズが釣れるがサイズアップせず。

強烈な締め込みがあったが、姿を表したのは40cm超のサンノジ。やりとりは楽しいが見えた瞬間ガッカリ

 

そのあとはアタリが遠のき、当て潮になってきたため、フカセを中断して少し離れた場所でぶっこみ釣りを始めた。フナムシやジンガサなどをエサにしてみるがアタリはなし。そのうちに波が高くなってきた。

 

波は何回かに1回とんでもないのがやってくるもの、おそらくそれだったのだろう。バッカンが波にさわられてしまった。あれ?ピトンに掛けてなかったっけ?と思いながら被害を確認。こんな時に限って離岸流でバッカンはどんどん沖に流れていく。バッカンと撒き餌杓は流されたが、竿やタモは無事のようだ。げんなりしながら、荷物を片付け安全なところに避難。

そのあともぶっこみ釣りを続けるもアタリなく納竿となった。

 

バッカンと撒き餌杓を水葬したうえで釣果はサンノジと木っ端グレのみ。辛い釣行となった。双子では41cmの尾長も釣れていたらしい。ますます辛い(*_*)

 

以下は僕自身の反省のために書いています。

 今回の釣行は反省すべき点があった。一つはバッカンをピトンに掛けていなかったこと。普段はバッカンの取っ手をピトンに掛けているのだが、釣り座を移動したときにかけ忘れたようだ。かけていたらかけていたで、ピトンごと竿もバッカンも全て失ったかもしれないが、やはりバッカンはピトンにかけておくべきだろう。

もう一つは釣り座を離れたこと。水面が穏やかな時はともかく、波があるときは釣り座を離れるのは危険だと思った。今回など、釣り座を設定する時に地面の乾いているところ、つまり波がかぶりにくいところを選んだつもりだったのにやられた。波恐るべし。

 最大の反省点はフカセに集中していないこと。フカセを中断してぶっこみ釣りを始めるというのは良くない気がする。二兎を追う者は一兎をも得ずだ。フカセ釣りを上達させるならフカセ釣りに集中すべきだった。日本海でエサ取りに揉まれてぶっこみ釣りをするようになったが、今回はエサ取りも少なかったし、フカセに一途にならないと釣果も上がらない気がする。これからは錦ではぶっこみ釣りの道具を持ち込まず、本気でフカセ釣りをしよう。

 

辛い釣行ではあったが、気持ちを改めるいい機会になった。サンノジもよく引いたし笑

バッカンと撒き餌杓はまた買わないと。撒き餌杓はそもそも尻手ロープをつける部分が壊れていたので買い替え時期だったが、バッカンは先月買ったばかりだったので、ちょっと悔しい。とはいってもバッカンは1回の釣行費に比べれば安いもの。竿やリール、体が無事でよかったということにしておく。

 

錦は最近半夜で行っているがたまには朝から行ってみようか。

8月5日 兵庫県但馬三尾 鋸の鼻

台風が居座っていて太平洋側は波が高いようだ。だけど磯には行きたい。

ということで日本海側に足をのばすことにする。実は1週間前にも京都府舞鶴田井に釣行したのだが、散々だったこともあり、さらに遠くへ行くことにした。

 

選んだ場所は兵庫県日本海側、但馬三尾。尾長やイサキも出るらしい。

前日に美代志丸さんに電話をかけると「今はグレは一番悪い時期やね」とのお墨付きをいただいたが、行く決意は変わらなかった。

但馬方面は初めてなのでまずはエサの調達場所を探すことから始める。しかし近くに釣具屋が見当たらない。あっても朝7時開店などとのたまっており、とても朝の渡船には間に合わない。探し回った挙句、山奥の朝来にある日下部釣具店というお店が早朝でもやっているとの情報を入手。

この釣具屋さんは金土は24時間営業しているらしい。ボイルオキアミの予約をいれた。

 

京都からはるばる但馬へ。釣り人は僕を含めて4人。

但馬三尾は初めてなので磯は船頭さんにおまかせする。鋸の鼻という場所に1人で上がらせてもらった。

 

f:id:ksdestr0n:20170807101850j:plain

鋸の鼻 沖向き

 

前回舞鶴田井でエサ取りの猛攻にあったことを思い出し、まずは撒き餌をせずに刺し餌だけを入れてみるがアタリはなし。

撒き餌をまいていくと、手のひらサイズのグレやサンバソウが釣れてきた。とともにオセンの大群がやってきた。

 

オセンを処理するために撒き餌でエサ取りを分離しようとしてみる。磯際にオセンをとどめて、沖に仕掛けをいれようとするが、オセンの足がはやい。すぐにエサが取られる。かなり遠投しないとエサ取りをかわせないが、撒き餌の効いている場所まで仕掛けを運んでくるのは難しい。

そうこうしているうちにまわりをオセンに囲まれた。よくみると、左右にも沖にも深い層にも少数のオセンが常に待機していて、どこに仕掛けを入れても無駄なようだ。撒き餌で誘導するようにしてみるが、なかなか難しい。

 

こういうときはアッチコッチ釣法だ。幸い、鋸の鼻は南北に長く、東と西に竿を出せるようになっていて、時々竿を出す場所を交代しながら釣ることにした。仕掛けはできるだけ静かに振り込むようにする。エサ取りの猛攻はある程度かわせたが、やはり手のひらサイズのグレかサンバソウ。サイズはイマイチ。

 

場を休める意味も含めて気分転換にもう1本の竿を取り出す。エサ取りの猛攻にあうことを予想して、今日はちょっと違う釣りをしようともくろんでいた。フナムシやカニをエサにしたぶっこみ釣りだ。石鯛が当たってこないかなというスケベ心も持ち合わせているため太仕掛けで挑む。

釣れたのはアコウ20cmとガシラ数匹。フナムシの捕獲がうまくいかず、カメノテをエサにしてみるが、これは全くアタリなし。フナムシの確保はこれからの課題としよう。

 

さてフカセに戻る。やはりエサ取りが元気一杯なようで、場を休めたぐらいでは静かにしてくれないらしい。エサ取りが広範囲に待機していて、撒き餌で誘導するぐらいでは話にならない。遠投するしかない。

納竿間際に上がってきたのは40cmのチヌ。

f:id:ksdestr0n:20170807101633j:image

とても撒き餌が効いている場所ではなかったため、刺し餌さえ残っていれば釣れることもあると認識した。

 

納竿し帰宅した。


f:id:ksdestr0n:20170807101648j:image船上から撮影した三尾の磯 急斜面や壁になっているところが多く、水深は深そう

 

磯から帰る途中、船頭さんが気を利かせてくれて下荒洞門をくぐらせてもらった。船頭さんの運転技術に感服しつつ、感謝の念を述べた。ここの船頭さんはめちゃくちゃ良い人でした。

 

先週、今週と日本海側に釣行してみて、エサ取りに苦戦し続けた。でもエサ取りを処理する練習にはなったと思う。

 

次は錦に行きたいなぁ

7月15日 錦 乗越 半夜

今日も錦へ半夜で。

 

東磯に行こうと思っていたので、乗越に行きたいと船長に伝える。どうも波が高くなってきたようで、蛇島はもちろん、双子、キオイも厳しいらしい。

双子、キオイのお客さんを迎えに行くが、なかなかの波だ。波の高低差で磯際が高い壁のように見えてしまう。

何とかお客さんを乗せて東磯へ。僕は乗越の東に上がった。


f:id:ksdestr0n:20170715222537j:image

 乗越の東 波が高くてフカセはここが一番安全そうだった

 

仕掛けはウキG2全遊動、撒き餌はボイルオキアミオンリーで開始。困るエサ取りがいるような様子ではない。サラシの関係か仕掛けが上ずっているようなので、ノーガンからG2ガンダマに変更。

竿1本半先で、35cmほどのサンノジを2枚立て続けに釣れたため、仕掛けの投入点を変えた。そのあと25cmほどのカワハギが1枚。

サシエが残るようになり、もう少し沖を狙ってみる。それでもサシエは残る。困った。

仕掛けを回収しようとすると、居食いしていたのだろうか、魚がかかっている。


f:id:ksdestr0n:20170715222546j:image

 イサギ32cm

 

初めてのイサギだ。アタリが出たようには思えなかった。ハリもがっつり呑まれている。

 

イサギがきたということは潮がいいのかもと思い、やる気を出すもその後はアタリなし、エサも取られず、イサギ1匹のみで納竿した。

 

今回は総じて波が高く釣りづらかった。目の前一面がサラシで真っ白になることもあり、サラシの下を攻めてみたり、磯際、沖を攻めてみたりしたが、思うような釣果は得られなかった。

どうも他のお客さんもイマイチだったらしい。イサギ1枚だけでもまだましだったかもしれない。

 

磯の選択に非常に悩むが、東磯は夢があると思った。比較的波に強いのに潮通しもよくて、エサ取りも少なめでこの時期は釣りやすい。

 

次は荒れてないといいな。